バモス 下取り

バモスを下取りに出すと損をするのか

バモスを下取りに出そうとしている方に忠告です。
そのまま下取りに出してしまうと、ほぼ確実に損をするでしょう。

 

その理由は2つあります。

 

その1
「下取りに出してメリットがある車は限られていること」

 

下取りに出してメリットがある、つまり得をする車は限られています。
みなさん下取りというと、その店舗で車を購入するのだから相手側にもメリットがあり、
車の下取り価格も頑張ってつけてくれるだろう、と思い込んでいますが、まずココが間違っているんですね。

 

下取りに出してメリットがある車は

 

・20万キロ前後の買い手がつかないような車
・15年落ち以上の買い手がつかないような車
・事故車や故障車

 

上記のような廃車にするしかないような車だとメリットがあります。
買取業者の買取では上記のような状態の車は、買取を拒否されることも多いですが、
下取りでは2,3万円程度の査定額がつくケースも多いんですね。

 

自分の車が上記の項目に当てはまっているのなら下取りを選択したほうがいいでしょう。
当てはまらない場合は、買取業者の買取を選んだほうが高い査定額がつきやすいです。

 

その2
「下取りと買取の利益元の違い」

 

下取りをしているディーラーの利益元はなんだと思いますか?
新車の販売ですよね。
ですのでディーラーは下取りなんかしなくても新車の販売で利益を上げることができます。

 

一方買取業者はどうでしょうか。
買取業者の利益元は中古車の販売、つまりお客さんが車を売ってくれなければ商売成り立ちません。

 

この両者の利益元を見てわかることは、
買取業者は車の査定額でディーラーの下取り価格には負けることはできない。
ってことなんです。

 

だって利益元となる中古車を売ってくれるお客さんがいなくなってしまうと商売ができなくなるので、
ディーラーの下取りにお客を取られるわけにはいきません。

 

ですから通常は買取の方が高い査定額がつきやすくなっています。